6月の待ち受けカレンダー

こんにちは。今年はいつもよりも季節が進むスピードが速く感じますね。
梅雨もすぐそこでしょうか。6月のカレンダーを更新しますのでよろしければお使いください!

5月なのに雨が続いた先々週の夕暮れ時、自宅のそばで雨の写真を撮ってみました。
ビニール傘越しに街の光を撮るだけで、だれでも簡単にこんな感じの写真が撮れますよ。ぜひお試しください。
夫が新しいカメラを買ったので、来月からは新しいカメラでの撮影にチャレンジしていこうと思います。
7月か8月は夏らしく砂浜とか撮りたいなあ…(ちょっと遠いのでむずかしいかもしれませんが…)

 

カレンダーを作っていたら、tofubeatsの「RIBER」が頭の中を流れてきました。
雨をイメージさせるテンポがこれからのシーズンにもぴったりな一曲です。
(唐田さんの行いが騒がれて問題となりましたが、曲に罪はなく、とても良いのでぜひ…)
皆さんは雨と聞くとどんな音楽を思い出しますか。

私はお天気に気持ちを左右されるお天気人間なので、雨は嫌いだったのですが、昨年「野川」に惚れこんで通い始めてからというもの(野川の記事はこちら)、何だか雨が待ち遠しくなってきました。
というのも「野川」はとてもきれいな川なのですが、乾期が続くと涸れてしまうような小さい川なのです。
このところ水が枯れ気味だったので、雨がザッと降ってくれるとなんだか心が潤います…。

「雨」は人間が自然の一部にすぎず、無力であることを思い出させてくれるようなひと時ですね。
そんな時間は憂鬱でもありますが、絶対に必要なものであり、また癒しでもある気がします。
今月も恵みゆたかなよい一か月となりますように。




おすすめ